地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

刺又 2017年8月29日

隣近所が皆知り合いで、交通の関係もあってか入れ替わりが少なければ、悪い事はすぐ知れ渡ることになります。そうした理由で、とは言いませんが、志にかかわらず自分を律することが日常だった時代は過去のものとなったのか、近頃ではなんとも物騒な話が珍しくもなく飛び交っています。

 

某障がい者施設で起きた衝撃的な事件が報道されたのは昨年の事でした。別の土地であった事件をことさら取り上げる気もないのですが、他人事ではないのも事実です。事件以降、防犯訓練が福祉施設において必須事項となりました。

 

とある日、地区の駐在さんと施設の話し合いがあり、7月4日に防犯訓練が行われました。

当日は台風が日本を縦断ということで開催も心配されたのですが、暴風雨も昼過ぎには通り過ぎ、夕刻に予定通り執り行われたのでした。

 

場所はいつも職員会で使わせていただいているデイサービス。職員が遠巻きに見ている先には見慣れない道具があります。今回の訓練の要、刺又です。

本訓練では、不審者が現れたときに臨機応変な役割分担(対応、通報、撃退、避難誘導etc.)が出来る様にします。通報のタイミングは“不審者だと判断したら”。「実は問題なかった」より「あの時ああしていれば」になる方が問題なので。続報が重なる事は問題なし、だそうです。事件か事故かを問われるので答え、またその際には、いつ・だれが・どこで・なにを、を伝えるようにとのことです。

また、刺又は一つだけではなく、2~3つで追い立てる事が効果的。刺又が足りない時にはモップや椅子等を使う事も効果的。消火器も重要な武器です。掴まれないように頭や足を狙い、引いたり押したりして追い詰めます。制圧できればそれにこしたことはないのですが、追い出すことができれば御の字。ご利用者だけではなく、職員自身の生命も守るように。身を守る事が最優先です。

あ、追い出した後は、不審者の特徴と共にその旨を通報する事も忘れずに。

 

今回はあからさまな不審者への対応でした。本当に怖いのは一見わからないという場合なのかもしれませんが、疑心暗鬼になってしまっては元も子もありませんね。

 

次回「あけはま荘」は9月5日頃更新予定です。


カテゴリー: あけはま荘
燈下に踊る 2017年8月22日

あけはま荘駐車場に櫓が組まれ、提灯が飾られます。

今年も「渡江の歌舞伎くずし」とともに「あけはま荘盆踊り大会」の季節がやってきました。

時に平成29年8月17日。

 

この日は、朝早くから、渡江盆踊り保存会の皆様の協力の下、会場の準備が整えられました。

 

天気は上々!その他のちまちました準備が進められる中、後は本番を待つばかりとなりました。

 

しかし、夕刻。これから盆踊りがあるというのに空模様がなんだか怪しい・・・

上々だった青空は雲に覆われ、風が強くなり、大粒の雨がバラバラと。

 

 

しかし、外に出る為に玄関に集まったご利用者の祈りが通じたのでしょうか、すぐに雨は止み、今年も恒例の盆踊りを開催する事が出来ました。

 

司会進行は行事委員会メンバーです。

施設長挨拶が行われ、あけはま荘盆踊り大会の開会です。

 

ご利用者のご家族や地域の方もたくさん来られるなか、まずは、職員とご利用者が「炭鉱節」を披露。盆踊りの定番ですね。

今年はいつもよりご利用者の参加が多く、駐車場に描かれたトラックを1周する前に曲が終わりました(^_^;)

 

さぁ、続いては以前の「夏祭り」で披露した「ソーラン節」です。

フォーメーションチェンジや隊列による変化など、夏祭りからパワーアップしたソーラン節が披露されました。腰は落とせなくてもアイデアは湧きます。独自の進化を遂げた、あけはま荘のソーラン、まさしく「あけはま荘ラン」・・・失礼しました。

 

さて、興奮冷めやらぬ中、お待ちかねの「渡江の歌舞伎くずし」へ続きます。

今年も渡江盆踊り保存会のみなさまにお越しいただき、「歌舞伎くずし」を披露していただきました。この「歌舞伎くずし」は、渡江において明治時代からずっと伝統が受け継がれています。

 

昨年は施設長と副施設長の名コンビが見られましたが、今年はそのようなサプライズはありません。けれど渡江出身の職員さんは今年も踊ってくれました。

お題目は「勧進帳」だそうで。

 

小学生の子どもたちから大人の方たちまで、大勢のみなさんが艶やかな着物を着られて、歌舞伎の名場面を演じられ、目の前で繰り広げられる舞は本当に見事です。

橙色の明かりに照らされて、口説きにあわせて踊る様を眺めるご利用者も橙色に染まっています。それはまるで、夢のような―――

 

夢幻のひと時は過ぎ、行事委員会の挨拶で来年の8月17日へ繋ぎます。

来年も「歌舞伎くずし」をみんなで一緒に観られますように・・・

 

渡江盆踊り保存会の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

「あけはま荘」次回は8月29日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘
金銀砂子 2017年8月15日

本編の前にお知らせがあります。

来る8月17日、毎年恒例の「あけはま荘盆踊り大会」があります。

ご利用者と職員の踊りの他、渡江盆踊り保存会の協力を得て、市の指定無形民俗文化財である渡江の「歌舞伎くずし」を披露していただきます。

ご一緒に、楽しみませんか?ご来場を、お待ちしております。

 

では、CMも終わったところで以下本編をどうぞ。

 

一年に一度、ひこ星様と織姫様が出会える日。

 

今年も、1年ぶりの逢瀬の場に沢山の願い事が舞い降りる季節がやってきました。

あら、もうそんな季節なのねと笹が準備されます。

飾られた笹はゆったりとしなり、ユニット毎にその存在を大きく示しています。

 

ご利用者の皆様には、ご自分の願いを短冊に書いたり、職員に代筆してもらったり・・・。

その願いには、「健康で長生き出来ますように」「孫の顔がみたい」等が書かれていたのですが、中には職員の事を気にされているのかこんなのも。

―――「○○さんが良い人と出会えますように」(○には職員の名前が入ります)

その他にも折り紙や紙細工といった笹飾りが用意されたのですが、飾る前から喜んで持って帰ろうとされる方がいたのは御愛嬌(^_^)。

また、飾り終わると、「わぁ~、綺麗。」と歓声に包まれ両手を合わされたり、感極まって涙ぐまれたりされる方がいました。感動され、暫く眺められる等、反応は十人十色でした。

それぞれでユニットの個性が出ている飾りつけ。どこが一番ではなく、みんながそれぞれに良いですね。

 

・・・で、当日(こちらでは8月7日)なのですが、明浜は台風5号の影響下にありました。
すわ、天の川も大洪水かとおもわれたのですが、午後にはその影響からはずれ、夕刻には晴天に恵まれました。

 

「あけはま荘」次回は8月22日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

連日、30度越えが続いている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

この暑さの中、涼をとるための素敵な場所が西予市にはあるのです。

―――そこは西予市宇和町明間に位置する湧水、観音水。

       

7月25日

西予市の避暑地、明間の観音水に行ってきました。ここでは夏の間、あるお店がオープンします。

「夏」で「涼」をとる「名水」といえば・・・そうめん!ですネ。異論はあるでしょうが今回はそうめんです。

そうめんを食べる前にまずは記念撮影の1枚。

 

昨年はたらいでしたが今年は流しですよ。流れてくるそうめんを上手くすくえるか心配でしたが、器用にお箸ですくえていました。

観音水の冷たい水でしめられたそうめんはとても美しく、出汁ツユをくぐってからお口の中につるつるるっと。ご利用者も職員もついつい夢中になって、食が進みます。

場の清涼感を全身に浴び、そうめんでお腹を満たし、みんな大満足でした。

そうめん流しの後は、帰りに立ち寄ったどんぶり館で冷たいジェラートを食べました・・・が、写真を撮り忘れてしまいました(反省)

 

暑い夏は冷たいものが美味しいねえ、と皆さんに喜んでいただけました。

また、行きたいねー。

 

・・・ただ、行き帰りの道中は暑がっだぁ

 

「あけはま荘」次回は8月15日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

「いらっしゃいませ、おいしいよ」の掛け声に誘われて、ご利用者の皆様は、うれしそうに出店へ向かわれました―――

 

7/21、あけはま荘夏祭りのバージョンが上がりました。

昨年から始まった夏祭り。前年は室内で、ご利用者と職員、お手伝いいただいた青年会の皆様のみで行われましたが、今年は屋外で、ご家族参加イベントとして行われました。

 

けれど、熱中症に厳重注意なこの季節、野晒しで行うのはあまりにも危険、ということで、たくさんのテントを用意し、なるべく日陰を作りましょうということになりました。

太陽の移動と共に少しずつ移動させる大きなテント、汗だくになりながら準備しませう。

とまあ、大掛かりにテントを設置したものの、開催時刻には太陽は山の向こうに降りたのか、会場はすっかり日陰になりました。あはははは・・・

 

夕刻の涼しい風が吹く中、次々と会場入りするご利用者。ご家族の皆様も訪れて、あけはま荘玄関前は盆踊り大会の時さながらに賑やかになっていきました。

真ん中に歓談席が用意され、その周りを、夏祭りらしく、出店がずらりと囲みます。今回の出店はジュース、お好み焼き、焼きそば、フライドポテト、から揚げ、かき氷、風船釣りとなりました。

そして、その一角には少しばかり開けた場所があります。これが今回の目玉ですが、それは後ほど。

皆様が会場入りしたのを見計らって、司会及び施設長による挨拶です。

さぁ、あけはま荘の夏祭りを始めましょう。

ご利用者の皆様は目移りしながら、お好みのものを口にされ、あちらこちらで満面の笑顔が見られました。

ご家族が訪れた方も、職員と一緒に食べられている方も、楽しい雰囲気の中過ごされている様子。

 

さて、先ほどのぽっかりと開けた一角ですが、今年はここで踊りや歌の催しが行われました。

明浜デイサービスセンターの職員さんが先生を務める、子どもたちのhip hopダンスユニット“Pump Up”がトップバッターです。

機材の問題で音とびが起きるのにもめげずに最期まで踊りきりました。さすがです。

 

子どもたちの息の揃ったダンスに続くのは、我らが職員有志による「ソーラン節」です。南中ソーランをベースとした、三瓶ソーランにも似た踊りです。

手本にしたのはネットに上がっていた高齢者向けアレンジバージョン。いえ、踊るのは若者ばかりとは限らないので、これでいいのです。・・うん、がんばった!熱気と元気は子どもたちにも引けをとらない、はずです。

夏の催し物に相応しく大変盛り上がりました。

トリを飾るは副施設長がギターをつとめるバンドです。

ご利用者に併せて、童謡から歌謡曲まで幅広い3曲。途中からは統括介護主任までキーボードで参加して、しっかり聞かせていただきました。

そして、全ての演目の終了と共に、今年のあけはま荘夏祭りは幕を閉じたのでありました。

 

「あけはま荘」次回は8月8日頃を予定しています。

 


カテゴリー: あけはま荘

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.