地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

 3/21・22の大洲青少年交流の家での研修を終え、3/27・28の2日間、老人事業部のOJTリーダー主催でOJTリーダー・中堅職員が講師となり、入職前に基本となる技術はもちろんのこと、介護に対する考え方、お年寄りへの心配りなどを学習する機会を設けることで、新規採用職員が安心して介護業務をスタートさせることを目的に『first step(ファースト ステップ)研修』を開催しました

1日目は、「感染症」「バイタルチェック」「入浴」「食事」「口腔ケア」「排泄」について

                  

排泄の枠では、大王製紙株式会社様にもご協力をいただきまして、「適切なおむつの使い方」の基本について、お話をいただきました

2日目は、「リスクマネジメント」「移乗の仕方」「車椅子の取り扱い」「ポジショニング」について

               

座学に実技を交えながら、受講していただきました

今回講師をした職員から『「教える」「伝える」って難しいですね』の声も聞かれておりました新規採用職員の学びだけでなく、講師として、参加をしたスタッフも準備を進めていく中で「どう伝えれば、伝わるのか」と考えたり、今一度、自分自身の介護技術等を見直したりと、いい機会となったようでした

皆さん、お疲れさまでした

大王製紙株式会社様、ご協力ありがとうございました

 


2日目の朝は、6:30起床。                                                          7:00~ 他の団体の方々(学生さん)と共に「朝のつどい」に参加をしました                                昨年度、皆さんを待たせてしまいましたので、10分前には集合当法人から国旗掲揚係(3名)、ラジオ体操係(1名)、あいさつ(1名)とそれぞれ大活躍

  

「朝のつどい」後は、担当場所の清掃です   

 さて、本日の研修は、老人、養護・障がい、児童事業部とそれぞれに分かれての研修です                                           まずは、「事業部長講話」からのスタートです

  

その後は、OJTリーダー・先輩職員による「事業部研修」が行われました                            【老人事業部】

 

【養護・障がい事業部:障害者支援施設】

 

【養護・障がい事業部:児童養護施設】

 

【児童事業部】

 研修会の最後のプログラムは恒例の「1分間スピーチ」                                       スピーチのお題は、研修会での学びを踏まえ…                                                           「西予総合福祉会で仕事をしていく中で、あなたはどのような職員を目指しますか」                                                        です。

皆さん、それぞれの思いを力強く発表していただきましたキーワードは「信頼関係を築く」でした

研修会後に実施したアンケートには…

                                                                                       同期のみなさんと話ができ、交流することができて、いい機会になった。                                       宿泊だったが、最初は緊張とかしましたが、同期の人とも話をしたりつながりができたと思います。1泊2日の研修はとてもいい日になり、勉強させていただきました。ありがとうございました。                                                                      研修時間以外で話すことが出来たことによって、つながりを深めることが少しでも出来たと思います。職場が違えど、次に会ったときの話のきっかけにもなります。

など、ほんの一部ですが、ご紹介をさせていただきました

ハプニング等もあり、ご参加いただきました皆さんにはご迷惑をお掛けすることもありましたが、無事2日間を終えることができましたご協力、ありがとうございました

新人・新任職員、スタッフの皆さん、2日間お疲れさまでした                                                    そして、国立大洲青少年交流の家の職員の皆様、いろいろとご配慮いただきまして、ありがとうございました

4月から(も)よろしくお願いいたします

 

 


 昨年度に引き続き、今年も同期同士そして新人・新任職員と先輩職員が寝食共にすることで「横のつながり」「絆」を深めてほしいという願いを込めて、隣市にあります「国立大洲青少年交流の家」で新人・新任職員、スタッフ総勢58名が1泊2日の日程で『新人・新任職員研修会』を開催いたしました

 皆さん、当日の朝は、松葉寮に集合バス・ワゴン車の3台に分乗し、いざ…会場へ                                                  採用試験や1月に開催した内定者オリエンテーション等で、すでに顔合わせは新規採用職員は、この車中で配属先の通知書が配布(中には、すでにメールでの通知を受け取った方もおられます)され、ドキドキ…緊張しながら開封「どこになった」とお隣近所で見せ合いっこ

 まずは、「交流の家」の職員さんによるオリエンテーション                                     設備の説明や生活をする上の留意事項をDVDで確認をしていただきました

 

  1日目は「法人の理念と歴史」「就業規則と人事制度」「福祉の現場とは、責任と役割」「社会人としての基礎知識」「社会人としてのマナー」「各事業部(老人、養護・障がい、児童)の仕事と役割」についての座学中心の講義です

   

「福祉の現場とは、責任と役割」では、一人ひとり自己紹介をしていただきました   

「魚をさばくのが得意です!」「剣道3段です!」「今年、愛媛マラソンに初挑戦!完走しました!!」「うどん屋でバイトをしていたので、麺打ちは得意です!!」「星野源に似てるって言われます!」などの声が

そして、「2色の気持ち」という紙芝居をしていただきました                                     この紙芝居は…

                                                                                                           人間の感情には、様々なものがあり、喜び・楽しみ・感謝・誇らしさなど肯定的な感情「ピンクの気持ち」、悲しみ・不安・怖れ・怒りなど否定的な感情を「灰色の気持ち」と大別して話が進められています。…どのような気持ちになっても、それは自然なことであり、その人にとって大切なものであること、そしてたとえ否定的な感情であっても、適切に対処することで乗り越えていくことができること

                                                                                                                                をねらいとされています

 

 「社会人としての基礎知識」では、「報連相」の必要性について学びました

      

課題図形(インターネットより引用)を用いて、グループの代表者の方が、皆さんに伝達。                                          うまく伝えることができたでしょうか 皆さん、苦戦をされておりました                                             伝えることの難しさを痛感した瞬間だったのではないでしょうか。

無事に講義も終わり、先にを済ませ、1日の疲れを流してからの懇親会                             お互いの距離がぐぅ~~~と縮まったのも、懇親会                                                                今年は、事業部ごとに席を構え、まずは事業部内で親睦を深めていただきました                                        清家理事長のご挨拶の中で…一日、座りっぱなしだったので、まずは「伸びてくださぁ~~い」と。皆さん、伸びてますね~                                                                                                 会食の準備が整ったところで…乾杯                                                                     未成年の方は、ウーロン茶・ジュースで

 

食べて、飲んで、語って…短い時間でしたが、同期同士、先輩たちと楽しく談笑できたのではないでしょうか

食事の後は、各部屋に分かれて、就寝時間まで話に花が咲いたようでした

1日目の研修、お疲れさまでした

明日は、起床は6:30ですよ

おやすみなさい

 

 

 


 この度の「西予市野村町予子林地区火災」により被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

 西予総合福祉会では、この災害で被災された皆様の支援や被災地の復興に役立てていただくために、法人内で義援金を募りました。

 平成29年3月30日に清家浩之理事長が西予市役所を訪問し、管家一夫市長に職員・ご利用者様の善意により集まった義援金 286,162円 を手渡しました。

        

被災地におかれましては、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 

 


 平成29年2月23日(木)、大規模な地震、風水害等の災害の発生に備え、社会福祉法人 西予市野城総合福祉協会と共に西予市と「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」の調印式が行われました。

大規模な災害時が発生した場合、西予市より「福祉避難所」の開設の要請があった際に職員の配置状況、施設の被災状況に応じて福祉避難所を開設し、その後、特別な配慮を要する高齢者や障がい者等について受入開始となります。

ちなみに…

要配慮者の方々が、                                                    少しでも安心して避難生活が送れますよう、                                     関係機関と連携を取りながら、法人としてご協力していきたいと思います。

 

 

 

 

 


2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.