地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

9月の色 2016年9月27日

“色”とりどりの衣装と、各施設の特“色”が映える「西予市老施協合同演芸会」と、百(もも[桃])寿のお祝い。さらには様々な“色”のシロップが綺麗な「かき氷」。

9月のあけはま荘は秋の訪れとともに多種多様な“色”で染められました。

舞踏への招待(西予市老施協合同演芸会)

9/14、野村町は乙亥会館にて毎年恒例の合同演芸会が開催されました。
今年の西予市老施協合同演芸会は“山側”の方々の演芸発表となりました。
つまりは野城総合福祉会の各施設の方々が主役です。
私たちの今回の役回りは観劇する側となります。

ただし、あけはま荘には「大役」がありました―――

会場となったのは、春(初夏?)の合同遠足でも訪れた乙亥会館。

着いて早々お昼ごはんなのは、前回と同じですが、ここには前回と大きな違いがあります。

そう、上述の大役です。その名も「乾杯の挨拶」。

さぞかし、どきどきで行われるのだろうと思いきや、介助の職員がお弁当の準備でばたばたしている間にあっさりと行われ・・・残念なことにその時の写真がありません(;_;)

大役を果たし、ご機嫌な様子でお弁当を食べるご利用者(^^)

その後のご飯はにっこにっこにー。

  

  

演芸では保育園の園児の皆さんの歌もあり、ほっこりとされていました。

参加された皆様、カメラを向けたら笑顔で答えて頂く方、お弁当を食べる方、みんながにこにーな一日でした。

 

百(もも)の節句(百寿祝い)

敬老の日。百歳という大きな節目を迎えられた方は、今年のあけはま荘にはお二方居られました。

今年のお祝いには荘内のご利用者の皆様も訪れ、賑やかに見守られる中、県知事および内閣総理大臣からのお祝いが手渡されました。

  

そして、ご利用者の「おめでとー」という大きな声援が響きわたり、参加者の拍手で締めくくられました。

予算の関係で銀杯が銀メッキになるような世知辛い世の中ではありますが、世の中いいこともあると期待しつつ、健康で長生きしてください。

 

かき氷の世界(かき氷)

9月に入り、朝晩は急激に冷え込んで、秋の気配が波のように押し寄せてきていますが、これが企画された頃、まさかこんなにも秋が早く来るとは思ってもいませんでした。

まぁ、日中はまだまだ暑いですし、冬に暖かい部屋でアイスクリームを食べる事を至上の喜びとされる方も世の中には大勢いらっしゃるので特に問題は無いのかもしれませんね。

数日前から危惧されていた台風は大回りして四国をかわして行き、この日は朝からいい天気!暑い、まさにかき氷のための気象条件!

当初は拠点を構えてかき氷屋さんをするはずでしたが、移動販売に急遽変更。各ユニットを周ってかき氷を作ります。目の前で山を成していくふわふわ氷にご利用者はわっくわく。

  

シロップは?いちご!まっちゃ!メロンもあるよ。

どきどきが止まりません。

移動するたびにその場を賑わしていく様は昔の紙芝居かのようでもあり、みんなが楽しいかき氷一座の巡業はいい旅チャレンジ2万キロのごとく施設内を端から端まで渡り歩いてゆくのでした。

 

「あけはま荘」次回更新は10月4日を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

9月20日現在、こちらは台風の真っ只中です。風も雨も強いですが今の所問題も無く過ごせています。テレビの情報では避難指示が出ている地域もあるようなので、皆様お気をつけ下さい。

台風の中ではあまり残暑が厳しいという感じもしませんし、台風一過で秋模様に一変するかもしれませんが、日中は暑いという方も多いのではないでしょうか。

残暑ざんしょ!

・・・少しは涼しくなりましたか?

(以下、日中がA:寒い場合、B:まだまだ暑い場合。状況に合わせて使い分け下さい。)

 

A:もっとも、こんな駄洒落など必要に無いくらい、最近では急激に気温が低下しており、空には秋に特徴的な雲が現れるなど、風景の秋の装いへの衣替えが進んでいますが、ひと夏超えた、ということで、「夏を乗り切った会」が行われました。

 

B:これくらいの冷たい洒落では冷えることは無いかもしれない昼間の暑さではありますが、日中はともかく、最近の朝晩は秋らしい気温になってきているようで、ひと夏超えた、ということで、「夏を乗り切った会」が行われました。

 

・・・皆様はどちらの気分でしたか?

さて、本題の「夏を乗り切った会」ですが、互助会主催で、宇和のお店にて行われました。

互助会と聞くと、以前のボウリング大会を覚えている方には違和感があるかもしれません。

ええ、この会は元々、職員交流BBQ・・になるはずだったモノでした。

BBQが何ゆえに夏を乗り切った会になったのか?

そこには互助会長の苦労の跡があるのですが、ここでは写真から楽しい雰囲気を感じ取っていただければ、互助会長の苦労も報われようものです。

   

皆でわいわいと賑やかに楽しんでいますが、実は、この会には隠れた趣旨がありました。

最近来られた新人さんの歓迎です。

ここで登場しました!

先日、後姿だけの登場となりましたもうひとりの新人さん。

はまかぜ最新号をご覧の方々にはすでにネタ晴らしになっているのですが(^^;)

  

先に紹介した方が「力に満ちた」感じとすると、IT(Information Technology:情報技術、コンピューター等を使った情報処理技術の総称)に詳しく、色々な特技を持っていそうなこちらはまさに「技にあふれた」存在です。

 

「力の1号、技の2号」では昭和の等身大ヒーローとは逆ですね(^^)

 

IT方面は得意な方が少ない職場なので、何かと頼りにすることが多くなるかと思いますが、よろしくお願いします。

 

 

 

「あけはま荘」次回更新は9月27日を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘
彩る、はまかぜ 2016年9月13日

まずは、福祉の里のカープ女子の皆様、リーグ優勝おめでとうございます。

海の向こうはセールが凄まじいようで、うらやましく思えます。お金は無いですが。

 

さて、あけはま荘の広報誌:「はまかぜ」22号(平成28年9月号)が出来ました。

ご家族の皆様や関係者方には9月9日頃から順次発送、配達されています。

 

また、明浜の4つの公民館(狩江公民館、高山公民館、俵津公民館、田之浜公民館)および医療関係施設(狩江診療所、高山歯科、たんぽぽ俵津診療所、あじき医院)、学校関係にも順次配布されていきますので、ご近所の方はぜひご覧下さい。

 

もちろん、あけはま荘でも少数ではありますが配布しています。ウェルカムボードの裏に掛けてあるカゴに入っています。ミニポスター「彩る、はまかぜ」が目印です。

 

さらに、紙媒体でなくても良い方は以下にPDF形式のファイルがありますので、そちらでもどうぞ。

A3用紙にカラー短辺閉じ両面で印刷し、1ページ目真ん中を山折にすれば配布されているものと同等になります。ただし、両面カラー印刷はインクジェットでは紙がふやけるおそれがありますので要注意です。

 

はまかぜ22号はこちらです。

 

そして、御来荘の皆様はお気づきでしょうが、実は先週からウェルカムボードの絵柄が変わっています。

ランタナ・コスモス・ハギ。さてはて、このボードにはどんな言の葉が茂るのでしょうか。新たな絵柄に続いていますのは恒例のウェルカムボード展示会です。
9月に入ってヒマワリがなくなったことに気がつきました?

 

 

 

「あけはま荘」次回更新は9月20日を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

最近はめっきり日が暮れるのが早くなってきました。8月も終わりとなりますと午後の7時は夕闇の世界です。そんな中で8月の職員会は開催されました。

 

今回の目玉は嘱託医の安食先生による講演です。

 

テーマは“医療安全管理”“院内感染”そして“看取り”

と、まるで日曜18:30番組のような3本立て。ただし、真面目なお話です。

病院などでは安全管理や院内感染については厳しい監査があり、研修が義務付けられているそうですが、今後は介護の業界も他人事ではなくなっていくだろうという予想の中、題材として取り上げられました。

医療機関同様、介護施設を取り巻くリスクも多用です。「施設内感染」「事故・過誤」「経営・組織」「利用者満足度」「個人情報管理」「災害」etc.

人々の意識は受身から参加に変わっており、皆、安心・安全・納得な介護を求めています。

何かあったときは責任者の糾弾で終わりではなく、原因を究明して対策を立てることが事故の発生を防ぐことに繋がり、また、しっかりと記録を残しておくことは自身を守ることにも繋がります。

重大な事故1件の背景には軽微な事故が30倍あり、さらに事故には至らないヒヤリ・ハットはさらにその10倍あると言われています。

人は必ず事故を起こす生き物です。組織全体で事故予防に取り組み、万が一事故が起きても被害は最小限に留めることが大切です。

さて、リスクの一つにあった施設内感染ですが、これは病原性の低い菌(弱毒菌)でも感染症(日和見感染症)を起こすことから引き起こされます。ましてや、感染しやすい方の大勢おられる密閉空間なので効果は絶大です。

そのため、引き起こさないことが重要なのですが、中でも日頃から気を付けられることが「手指消毒」、つまりは手洗いです。

「ベッドサイドケアの前」「車椅子移乗の際」「ご利用者の近くにあるものに触れたとき」「口腔ケアの後」「手袋を外した後」「清拭時」「カテーテル処置」「滅菌手袋をはめる際」

手洗いの際は指先・指の間・親指周囲の洗い残しに注意です。

そして、看取り。

人口は1970年以降65歳以上が増加、若年層が減少しています。

その中で健康感も変わってきているようです。

健康のための前提条件は「平和」「住居」「教育」「食物」「収入」「安定した生態系」「持続可能な生存のための資源」「社会的公正と公平性」なのですが、

「メタボリックシンドローム(メタボ)」「認知症」「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」は健康寿命の短縮の3大要因と呼ばれています。

さらに介護が必要になる原因となると、脳卒中、認知症、フレイル(虚弱)、ロコモが上げられますが、しかし、特にフレイルなどは適切な介入で改善が期待できるとも言われています。

あと、この業界、かなり多いのですが、要介護予防には「禁煙!」だそうですよ?

それでも、いずれ、人は逝きます。

自分が最期をどのように過ごし、終末期の医療を以下に希望するか・しないかの意思表示“Living Will”を明確にするべきで、その前提には人生を如何に過ごすかという価値観が必要になります。ご利用者やそのご家族への確認を取りましょう。

先送りはトラブルの元となります。

「全ての入所者が穏やかに過ごせなくても、暖かく介護し、最期を看取れば、ご家族の多くは死後も末永く本心より感謝されています。」と締めくくられました。

受け止め方は人それぞれだとは思いますが、今回の講演は、無為に過ごしがちな日常に一石を投じたことになるのではないでしょうか。

 

講演のあとは、互助会の報告と、施設長の報告でした。

皆さん、車の運転には気をつけましょう。

やはりハイタッチは無かった8月の職員会でした。

 

「あけはま荘」次回更新は9月13日を予定しています。

 


カテゴリー: あけはま荘

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.