地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

倒れても、倒れても、何度でも立ち上がる!

 

折からの豪雨に打ち付けられ、ナスは何度も膝をつく。

もうだめかと思われたその時、現れた黒い影!

その名は介護職員さん!

 

嵐に流されるままになっていたナスは倒れるたびに介護職員の手によって起こされました。

すっかり泥だらけになったナス。

 

しかし、その表情は誇らしげに、どっしりと構えておりました。

嵐の被害にあったのはナスだけではありません。

 

がんばったキュウリも一部泥だらけです。

 

うん、がんばった。もうゴールしてもいいよね・・・

と、いうことで美味しく頂きましょう!

嵐の晴れ間を利用して、ご利用者と一緒に収穫です。

   

ナスにキュウリだけでなく、“とうびき”もゲットだぜぃ♡

 

その“とうびき”はさっそく職員によって丸焼きにされました。

とうびき”の焼ける匂いはとっても素敵♡

 

食欲が落ちていたご利用者の手が伸びるほど、でした。


カテゴリー: あけはま荘

しんじゅユニットのリーダーさん。台所に立って、何をお作り?

とても食欲を誘う良い香りが漂っています。

  

せっかくの外出予定が取りやめになったご利用者の為に

 

愛情たぁっっっっっぷりっの

  

ちゃんぽん!(八幡浜風味30%位?)

 

私、給食で食べたことあるっ!といった他の職員の声も聞かれる中、

食欲が無くても、体調が芳しくなくても、ラーメン(類)は食べたい!ご利用者の下へ。

  

なんといいますか、もう、この笑顔が全てを物語っていますね(^o^)


カテゴリー: あけはま荘

煽った成果があったのかどうかはわかりませんが、トマトが赤くなりました。

直径2~3cm程で、ミニトマトとしては大きな部類でしょうか。

 

さすがにお店売りのトマトと比べると皮が硬いように感じますが、

 

甘い!口の中で力と技の風車が回っています。

 

次々と赤くなっているトマト。

お楽しみはこれからです。


カテゴリー: あけはま荘

玄関横に背の高い紫の花が咲きました。

アガパンサス―学名:Agapanthus africanusから属名で呼ばれている花です。

その属名は、ギリシア語の「agape(愛)」と「anthos(花)」からなり、「愛の花」という意味があるのだとか。

  

別名は紫君子蘭(ムラサキクンシラン)、英語ではアフリカンリリー(African lily)とも呼ばれるそうで、分類によってはユリ科だったり、ヒガンバナ科だったり・・・分類ってホントややこしい。

  

花言葉はその名前の意味から、「恋の訪れ」「ラブレター」なんだとか。

あら?なにかしら。・・・こ、これは!

「紫の花の人」!

でも、あれは恋とかそんなものじゃないよねぇ・・・バラじゃないし。

 

ちなみに、「知的な装い」という花言葉もあり、淡青紫色の涼しげで繊細な姿に由来しているそうです。


カテゴリー: あけはま荘
あじさい娘。 2016年6月22日

6月のある晴れた日に、庭先に紫陽花が咲き誇りました。

しんじゅユニットのご利用者も紫陽花と一緒に咲き誇ります。

まあ、見てください。綺麗に咲いているでしょう。


カテゴリー: あけはま荘
紫陽花の板 2016年6月20日

ウェルカムボードの絵柄が変わりました。

「梅雨の晴れ間の庭」もしくは「初夏の庭」がテーマ(by Tamagoさん)なんだとか。

ツユクサ、アカツメクサ、シロツメクサ(クローバー)、ラベンダー、ウキツリボク・・・

数種類の草花がなんとも賑やかで、それぞれが控えめに自己主張している様子が楽しく描かれています。
ぜひ一度現物を観にご来荘下さい。

 

さて、絵柄が変わった、ということは、恒例の(と、いってもまだ2回目ですが)過去のウェルカムボード展覧会です。
前回の絵柄「紫陽花」とともにワードマスターの冴えた文面が光る「作品」の数々、とくとごらんあれ。


カテゴリー: あけはま荘
電気を大切にね 2016年6月20日

電気量というものは最大使用量からその後1年間の基本料金が算出されるのだそうで、いくら普段低くなるよう努力していても、使用量の大きな日があれば、結局、そこから1年間は高くなるのだそうです。

 

ならばと始めた節電対策が、コレです。

 

一見、ただの時計ですが、荘内で使用される電気量が表示されるスグレモノ。

超えそうならば色になり、ほんとにやばいとくなるとか。

Warning! Warning!

・・・実際には日本語で話します。
(テスト?では日本語で話し、赤のライトがぐるぐると外周を回っていました)
ただ、設定ではメロディにすることもできるのだとか。
(紫は瞬間最大使用量だそうです)

 

ご利用者の健康を損ねるような電気の不使用は節電とは呼びませんが、無駄使いは避けるべきです。環境のためにも、なんて。

さてさて、効果の程は、いかに?


カテゴリー: あけはま荘

小学校で5・6時間目というと午後の授業時間です。

この日、午後の授業時間を使って、明浜小学校4年生を対象に、あけはま荘出張授業が行われました。

「知っているようで知らない、おとしよりのはなし」

と題されたそれは、お年寄りついて考え、介護についての理解を深めていただく内容になっています。

 

紙芝居あり、寸劇あり、クイズありで楽しく内容についていけるようにしている他、ドキュメンタリーっぽいものもあり、ただ、楽しいだけではない現実も垣間見せます。

 

―――寸劇の出来は“努力ヲ要ス”だとか。舞台監督(副施設長)の眼が光ります。

 

また、机上講義だけではなく、実際に体験することで、お年寄りというものを知っていただきました。

西予市社会福祉協議会様には「お年寄りを体験してみよう装備セット(高齢者疑似体験セット)」が大人用、子ども用共にあり、気前よく貸し出していただけました。ありがたいことです。

これが、結構、重い!(パワーリスト・パワーアンクル・パワージャケット)、動けない!(肘拘束具・脛拘束具)、見えない!聞こえない!(ゴーグル・ヘッドフォン)。

フル装備ではどこかの特殊部隊かのようですが、鍛えている方々でも苦痛なのではないでしょうか?

 

ただし、そこは小学生。「見えるよ!」と言いつつ、ぶつかったり・・・(^_^;)

外した後は「身体が軽い!」と、ぴょんぴょん飛び跳ねる子どもたち。

 

その他に、四国医療サービス株式会社様の協力を得て、車椅子や電動ベッドの体験も行いました。

 

子どもたちとの意見交換では、「老人ホームに行って車椅子を押してあげたい」「介護の仕事がしたい」と言われる子もいて、なんとたのもしい! 

楽しくも充実した出張授業でした。

 


カテゴリー: あけはま荘

朝(日の出)でも夕方(日の入)でもなく昼です。

この日は旧館でテンプラ実演。

 

目の前で揚がっていくテンプラ。

 

響き渡る揚げ物の音、立ち込める油のにおい。

油も過ぎると大変ね。

 

カラリト揚がったテンプラはサックサクで、もぐもぐ。

    

おいしい?

   

さぁさぁ、どうです? ねぇ、お嬢さん?

 


カテゴリー: あけはま荘

とあるご利用者が言いました。

    「とうびき食べたい」

とある職員がいいました。

    「まだ早いんじゃない?」

 

えぃや!

 

・・・穫ってしまいました。

 

すると、他の職員方がぞろぞろぞろぞろ・・・

  「私たちも食べたい!」

 

結局皆で切り分けて食べたのですが、

輪切りにしたところ、1枚のなんと薄いことか・・・

 

味は良かったので、職員判断VSご利用者判断は

ご利用者に軍配が上がったわけです。You Win !!

 

・・・トマト、いち早く記事には上がっていたのにまだですか?


カテゴリー: あけはま荘

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.