地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

8/27〜30、9/3〜6の8日間、第4回目の中堅職員研修会が行われました。

今回も前回同様、まずは第1〜3回目の研修の振り返りと第3回目受講しての学び・気づきをグループ内で共有することから始まりました

今回の研修は、まず管家理事長・清家常務より、西予総合福祉会が「どのような目的を持ち、どのような人に対してサービスを提供していき、どう貢献していくのか(使命)」「 どのような姿勢で臨むのか(信念)」「平成30年の希望する姿(目指すべき姿)」等についてお話がありました

       

続いて、活き活きとした他職場の様子が収められたDVDを鑑賞し、活性化した職場の雰囲気づくりのポイントを理解していきました。

鑑賞後は、気づき・学びそして西予総合福祉会・自施設に活用・応用できることはないかどうか、グループ内で意見交換しながら、共有していきました。相手に向き合う大切さ、どんな仕事でも考え方ひとつで楽しくなる。職員が楽しく仕事を進めていくことで、まわりも楽しくなる・・・ということを再確認しました

続いては、後輩指導(ティーチング・コーチング)の仕方・教え方について学びました                           「ひも結び」の実習を通して、山本五十六の「やって見せ 言って聞かせて やらせて見せ ほめてやらねば 人は動かず」の教えをもとに、実践していきました

                          

           

ある日の「ひも結び実習」では、清家常務も皆さんの中に入り、ペアになっての指導ロールプレイングを行いました。自分の頭の中で、仕事を順序よく整理しておくことの必要・重要性を感じた時間でした

最後に、自分に期待される役割を洗い出しをし、自己の取組課題を確認していきました。                      そして、受講からの学びを現場で実践できるよう、来年1月に行われるフォロー研修までの成長目標(自分自身の目指す姿)、成長目標達成に向けての行動指針を示し、自分成長に向け新なスタートを切りました。

毎回「今日はどんな研修が行われるのかな〜」と足取り重く来られていた受講者の皆さんも、研修を終えた頃にはやり遂げた感が表情から感じられました

4か月後に行われるフォロー研修で成長された皆さんにお会いできることを楽しみにしております

講師の先生、ありがとうございました 

皆さんお疲れ様でした 

 

 

 

 


3/25・26、新人・新任職員研修会を開催し、約半年後の…

9/10(火)新人・新任職員フォローアップ研修会を行いました。

まず管家理事長より「・・・途中で挫折する方が多い中で、皆さんは法人の財産。皆さんが輝く環境を作り、西予総合福祉会で働いてよかったと思えるように私たちも努力をしていかなければならない・・・」との開会のあいさつで研修が始まりました。

続いて清家常務より「西予総合福祉会の必要な人材とは」と題しまして、お話がありました。

                        

求められる人物像として…

                                                                   自分の仕事に誇りを持ち、利用される方すべての喜びに向けて邁進する職員

                                                                               ◆人の気持ち・心に敏感な職員                                                                利用者の喜びが自分の喜びに感じられる、気配り(ホスピタリティ-)がある、気づきがあるetc.                                                                                    ◆自己を律することができる職員                                                            自己管理ができる、自己を統制できる(禁止句・怒声・焦燥句・諦観・愚痴を言わない)etc.                                                                        ◆自ら進化し続ける職員                                                                                                        前向きで行動力がある、自ら改善しようとする感覚・行動力がある、発想力・想像力があるetc.                                                            ◆組織・チームと活きる職員                                                             法人の理念に共感できる、同僚・上司・他部署とコミュニケーションよく、協力できるetc.

続いて「報・連・相の重要性について」「西予総合福祉会のMDCVS(使命・信念等)について」あけはま荘 冨士森施設長よりお話がありました。

                                     

参加職員がリラックスして研修に臨むことができるよう、「理事長さんの生年月日は?」「法人の基本理念は?」等の質問から始まり、会場が和やかな雰囲気の中スタートしました

特に印象的だったのは『「でも」「どうせ」「だって」「だけど」「だから」の魔の5Dの言葉…この言葉の後にはマイナス思想の言葉が続きやすいつい発してしまいがちなこの魔の5Dの言葉ではありますが、こうした言葉で自ら自分の限界を作るのは、避けたい』という話でした。

午後からは「老人事業部」「障がい事業部」「児童事業部」に分かれ、「リスクマネジメント〜危険・予知・訓練〜」・先輩職員を招いて「意見交換の場」を設け、日ごろ不安に思っていること等解決に向け、先輩職員の経験談を交えるなど、活発な意見交換がなされました。その結果「解決の糸口が見つかった」と、ホッとした表情をされている職員の姿も見受けられました。

    リスクマネジメントの様子

 先輩職員との意見交換   

 

 最後は皆さんで…ハイ・チーズ

 

  研修会を終えて…

 「…グループワークでは、分からない小さな事を一つひとつ聞き、対応の仕方・工夫などこまかく聞き学ぶことができた…」

 「…自分が悩んだり、疑問に思っていることは、他の人も疑問に思っていることが多く、問題解決の前に「自分と同じことを思っていた人がいた」という共感と安心からホッとすることができた…」

 「普段めったに会う機会のない同職種の人と交流でき、色々な経験談を聴くことができ勉強になりました…」

との感想をいただきました

 

  皆さん、研修お疲れさまでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2013年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.