地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

安全運転講習会 2013年1月31日

1/23(水) ・ 1/25(金)

の2日間、エイト保険の別宮さん・損保ジャパンの久保さんをお迎えし、

交通事故を防止するために」と題しまして、日ごろ業務において、公用車等の運転をされる職員さんを中心に、

約220余名が両日に分かれ、安全運転講習会が行われました。

日々の送迎、利用者様との外出等、何かと公用車を運転する機会が多い今日。

 利用者様が安心して乗車していただくためにも、私たち職員は安全運転に心掛けなければなりません。

講習会は

「交通事故に伴う法律上の責任」、「高額賠償判例」「交通事故と企業責任」「交通事故による企業の損失」

「事故の要因分析」「動体視野(注意)の範囲」「どこで人間はエラーを犯すのか」「防衛運転とは」・・・

など、具体的に話をしていただきました。

 

「事故の要因分析」では、

  事故の3要因 1.運転者的誘因     97.9 %

             2.自動車構造による誘因 0.7 %

             3.環境的誘因      0.5 %

        とされ、その中でも  運転者的誘因では、● 怒り、悩み、いらだち

                              ● 不注意、脇見

                              ● 能力過信、能力未熟

                              ● 過労、居眠り

                              ● 病気、薬物、酒酔い等心身不調

 が挙げられ、ほぼ100%人が要因に関係をしているそうです。

 

 「防衛運転とは」では、

     1.自分は事故を起こさない

     2.他人に事故を起こさせない

     3.事故に巻き込まれない

    防衛運転の具体例として、

     ① 自分の存在を相手に知らせる意識を持つ

        ヘッドライト、スモールライト、ハザードランプ、ウインカー、ブレーキ、クラクションの活用

        使用例:パッシング、ポンピング、駐停車時、渋滞時、薄暮時

     ② 何かを感じたら、構え運転(ブレーキの上に、足をのせて走る)

     ③ 動作急変の排除(右左折、車線変更、加速、追越し、停車時等)

     ④ こんなことは、四(し)ない運動

       (1)夜更かし、二日酔いは、しない (体がすべて基本)

       (2)心配事、悩み事は、つくらない

       (3)運転中の携帯電話はしない。でない(留守電セット)

       (4)「おい、焦るな!疲れたら休め}を忘れない

 等の話をしていただきました。

      

 

 

 

 

 

 

 

また、事前に全職員「損保ジャパンドライバーチェック」のアンケートに答え、この講習会に臨みました。

アンケート結果を基に、各自の運転特性(安全運転度)を

     ① 交通環境適応度 (周囲への気配り)

     ② 安全態度 (安全運転への心構え)

     ③ 情緒安定度 (心のおだやかさ)

     ④ 衝動抑制度 (慎重さ)

の4項目で診断し、A〜Eの5段階の評価を受け、そして一人ひとり「安全運転へのアドバイス」もしていただきまし

た。皆さん、自分の診断結果を食い入るように見ておられたのが、印象的でした。

 

講師の久保さんからのお話にもありましたが、

      車の運転は、無理をしない

ということを念頭に置きながら、運転者一人ひとりが

     「安全運転をするんだ」という意識をもって運転し、

「安全運転へのアドバイス」も参考にしつつ、事故防止に繋げていきたいと思います。

 

最後に 、別宮さん・久保さんに

お会いしない・連絡をしない = 事故が発生していない

ではないかと思いますので、一人ひとり交通法規の遵守を心掛け、お二方にお目にかかることがないよう安全運転に

努めていきたいと思います。

 

  別宮さん・久保さん

     2日間、本当にありがとうございました。

 

 

 ちなみに、この講習会の日も雪が降る寒い夜でした…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1/17(木)

勤務が明けた時間、管理監督者を対象に

 愛媛県産業保健推進センター内メンタルヘルス対策支援センターの東野先生をお迎えし、

「職場内のメンタルヘルス対策〜ラインケア〜」

と題しまして、講義をしていただきました。

 

講義内容を一部ご紹介いたします。

 

ラインケアとは・・・管理監督者が行うケア

 ① 職場環境の把握と改善

   ➢職場の中で過度にストレスとなっている要因を把握、改善していく。

 

 ② 「いつもと違う」部下の気づきと対応

   ➢遅刻・早退・欠勤が増える(無断欠勤がある)、仕事の能率が悪くなる。思考力・判断力が低下する

    残業・休日出勤が不釣合いに増える、報告や相談、職場での会話がなくなる(あるいはその逆)

    表情に活気がなく、動作にも元気がない(あるいはその逆)、不自然な言動・ミスや事故が目立つ など。

    いつもの部下を知らないと変化に気づかない。

 

 ③ 部下からの相談への対応

   ➢話を丁寧に聴く→傾聴(気持ちを聴く)

   ➢相談内容が悩みや体調不良の場合は、指示・命令モードから話を聴くモードへ!

     声かけを惜しまない、聴き役に徹する、共感的態度で接する、批判はひかえる、結論を急がない、

     助言をあせらない、プライバシーに配慮する など

   ➢「きく」こと3つの意味

    聞く(hear)   相手の声や音が自然に入ってくるような、受動的な意味。

    聴く(listen) 相手の話に耳を傾けて聞くいう、積極的な意味を持つ。→傾聴

    訊く(ask)    相手に質問して、聞きたいことを引き出すこと。

   ➢傾聴法 〜相手の話の上手な聴き方〜

    傾聴法で部下の話を聴く

     受容する 関心を持って相手の話を聴く。

          発言を訂正したりせず、まずは無条件に相手を受け止める。

     共感する 相手の気持ちの部分を受け止める。

          相手の感情や思考を聴き手が感じとれるよう、聞き手が相手と同じような気持ちを体験しつつ、聴く。

     支持する 相手の考えを聴き手として理解していることを言葉、表情、態度で伝える。

          相手の言った言葉を繰り返しつつ、聴く。

   ➢傾聴のメリット

     相手を正しく理解する  相手の話を丁寧に聴くことで、たくさんの情報を正しく把握できる

     相手との信頼関係を作る 丁寧に聴くことで、相手が心を開いて本音を話してくれる

     こちらの言葉が伝わる  信頼されることで、相手にこちらの話を聴く精神的な余裕ができる

 

 ④ メンタルヘルス不調者の職場復帰への支援

   ➢担当者(窓口)を決めておく。本人さんにとって話しやすい人を窓口にし、同じ人が対応する方がよい。

   ➢職場復帰支援プログラムの作成

     休業から復職までの流れをあらかじめ明確にしておく

     教育等の実施により普段から周知を図っておく

 職場でできるラインケアのポイント

    声かけ   日ごろからのあいさつやコミュニケーションが大切

     ↓

  気配り・気づき   日ごろから部下に気を配り、変化や問題に早く気づくことが大切

     ↓

   話を聴く   部下の悩みや相談などに耳を傾けることが大切

     ↓

  つなげる・協力   早めに専門家に相談をして、協力し合うことが大切

 

自分自身のセルフケアも大事ということで、

 1.質の良い睡眠を十分とる。

 2.バランスの良い食事を。食事を抜かない。

 3.自分を見つめてストレスに気づく。

   食欲がない、不眠が続く、体調が何となく悪く疲れやすい、いつもしていた事ができなくなる など

 4.あいさつはコミュニケーションの基本。

 5.周囲からのサポートを得る。相談する。

 6.自分なりの楽しみの時間を毎日、少しでも。

 7.運動習慣をもつ。

 

など、お話をしていただきました。

 

「傾聴」に関しては、メンタルヘルスに限らず、日々ご利用者様への接し方にも同じことが言えますので、

現状を振り返りつつ、今一度見つめなおすことができた時間でした。

まだまだメンタルヘルスに関しては、未整備な部分も多いため、東野先生をはじめ関係機関の協力を得ながら、

構築に向けて整備していきたいと思います。

 

最後に・・・

東野先生には、会場からの質問にも丁寧にご返答していただき、

      そして、雪がチラつく寒い夜に宇和までお越しいただきまして、

                             本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1/19(土)4月から西予総合福祉会の仲間入りを予定されている内定者の皆さんをお迎えし、

オリエンテーションを開催しました。

内定者全員の参加は叶わなかったのですが、県外からも駆けつけていただき、

スタート

 

まず、常務理事よりお話。

 

その後、パワーポイントで法人内施設を紹介。

 

見終わった後は、

 老人事業部 特別養護老人ホーム 松葉寮 

 

 障害事業部 障害者支援施設  松葉学園

          

    この日、松葉学園では友近890(ともちか やっくん)さんによるコンサートが開催されており、

    皆さんもしばし鑑賞

    友近890さんからも「内定者のみなさぁ〜ん」とお声をかけていただき、楽しい時間を過ごしました。

    最後はみんなで記念撮影

    友近890さん、ありがとうございました

 

  児童事業部 宇和保育園

          

と、3施設を見学していただきました。

 

その後は、現場で働く先輩職員を加わり、2グループに分かれて座談会。

     

   会の最初は、皆さん緊張した表情をされておりましたが、先輩職員からの話に真剣に耳を傾けられ、

    時には笑い声も聞こえるなど、有意義な時間を過ごすことができました。

 

   このオリエンテーションは、入職される皆さんに

     もっと「西予総合福祉会」を知ってもらいたい!

           少しでも入職前の不安を軽減してもらえたら・・・

   という思いを込め、開催しました。

   少しは、皆さんのお役にたつことができたなら・・・幸いです。

 

   参加をしていただきました内定者の皆さん、

     ありがとうございました!

      そして、

     お疲れさまでした!!

 

 

 

 


2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.