地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

庭先園芸 2018年2月20日

昨年度は「銀の鍬」と題してシリーズ掲載していました「ご利用者園芸」ですが、今年度はどどーんと一纏めで報告しちゃいましょう。

 

4月終盤 作付け


今年も園芸の季節がやってきました。今年植えるのはトマト、ナス、とうびき(注)、スイカ、キュウリ、ゴーヤ。一緒にやろうよーとさそっても、今年は結局見ているだけなのね。

 

5月終盤 ナス


早いもので1ヶ月そこそこなのにナスは収穫できるものが出来ました。今年度入ってきた職員さんと一緒収穫です。ニマニマ。

 

6月終盤 トマト

さらに1ヶ月。トマトが赤くなりました。ですが、実はトマトはあまり好きではないようで、収穫された作物は職員の胃袋へ・・・

 

7月

ここから怒涛の収穫ラッシュ。折からの台風で倒れてしまった“とうびき”をえいや、っともぎ取り、キュウリやトマトもゲットだぜぃ。

スイカも順調に大きくなっている中、スイカの周りには作物ではない草の群れ。人、それを雑草と呼ぶも、「雑草と言う名の植物は無い」とは牧野富太郎先生の言葉でしたか。まあ、目的がスイカなればその発育を妨げるものを除けましょうという時に言う言葉ではないけれど(苦笑

そして、そのスイカもとうとう収穫です。まだ小さくない?いえいえ、とても甘い一品でございました。

 

・・・さて、ここまできましたが、これ以降、畑に興味を失ったのか、畑に関する話が聞かれなくなりました。

前年度に見られた、冬作物への興味が見られるか待っていたので、記事の公開は年度末になりましたが、残念ながら、興味はわかなかったようです。

 

注)とうびき:唐黍(とうきび)、トウモロコシのこと。とあるご利用者が「とうびき」と呼んでいるので、あけはま荘では“とうびき”なのです。

 

次回「あけはま荘」は2月27日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

節分からは3日遅れの2月6日。

雪は相変わらず降り続きます。

めったに無い雪にも、もうそろそろいいよねとささやかれるこの日、あけはま荘の一角、わかめ食堂には仮装するべく着替えている一団がありました。

昨年ほど狂乱ではないセットアップ。格好良くサングラスを構えるご利用者。試行錯誤ではありましたが、「これかなー?」と言いながら、職員・ご利用者ともに様々な衣装に着替え、程なく準備は整いました。

 

さあ、あけはま荘名物となりました、節分恒例のチンドンパレード、実際の節分からは少し遅れましたが、アコーディオンが奏でる音楽と共にいざ出発!!

ちりめんユニットから、新館、デイサービスへ行き、そこから戻ってわかめユニット、再後にしんじゅユニットと流れます。

 

まあ、節分イベントなので鬼がユニットのご利用者の元へ現れます。

「わるいごはいねがぁ」・・・なまはげと勘違いしていませんか?あちらは神様もしくは神様の御使いだそうですよ?あなたはそうではないのでしょう?悪い鬼さんはご利用者の投げる豆で退治されてしまいなさい。えいっ!

「うがぁ」・・・ノリがいいなぁ(^_^)

 

鬼に向けて本気で豆を投げるご利用者や、笑顔で迎えてくれるご利用者などなど・・・

 

豆を食べるのに夢中だったり、すっかり眠ってしまっていて、鬼に反応しない人もいましたが総じて楽しんでいただけたようです。

   

 

アコーディオンの調べに乗って、鬼の後から「福」もやってきます。

かくして鬼は退治され、あけはま荘は福に満ちたのでした。

 

最期はいつもの記念撮影です。パチリ!

 

次回「あけはま荘」は2月20日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

 マイナス12℃の寒気が愛媛県上空に押し寄せてきて、福祉の里デイサービスセンターは、大雪に見舞われました。

 福祉の里デイから見える、ひまわりの家も屋根にたくさんの雪が積もっています。

 野田方面も大雪ですね~。

 北の空が、あやしいねずみ色になって来ました。まだ、吹雪くのでしょうか?

 帰りの送迎も安全運転を心がけますので、ご利用者様方、ご安心下さい。

 それにしても、今年はよく雪が降りますね~。

 春が恋しいです!


節分の豆まきです。

青鬼さん、手には刀を持っています。

利用者様に豆を投げつけられています。

赤鬼が利用者様にバットで叩こうとしています。

鬼のお尻に豆を投げつけています。

利用者様から、豆を投げられ鬼は逃げていきました。

以上、節分の豆まきでした。


寿司米を海苔の上に、広げています。

色々な具材を乗せています。

いよいよ、巻き寿司を巻いています。

完成です。なかなかの長さですね。

一口大の大きさに切って、盛り付けしています。おいしそうですね。

利用者の皆さんおいしそうに食べられていました。

節分の日、恵方巻き作りでした。


例年、実施していた新年の初詣が悪天候により、中止となったので福祉の里で初詣を行うこととなりました。

福祉の里大明神の大鳥居です。

一人一人、鳥居に向かって参拝されています。

賽銭箱にお賽銭を入れます。

神様に手を合わせ、お願いされています。何をお願いされているのでしょうか?

お願いされた後は、職員手作りのお守りを手渡しました。

利用者の皆さん、大変喜ばれていました。


小池さんも小泉さんも(いまのところ)いませんが、あけはま荘にはラーメンが大好きというご利用者が大勢いらっしゃいます。

 

食のイベントがなにかと充実しているあけはま荘ですが、今年も施設上げてのラーメンイベントが行われました。あ、荘外公開イベントではないですよ?ユニット食の全体版です。

 

今回もしょうゆ・しお・みその代表3種からの選択になります。鶏ガラでしょうか?豚骨ではなさそうです。といってもスープは濃縮スープをお湯で薄める簡単仕様。

 

いえ、とにかく数が多いので出来るだけ工程は少なくしなければなりません。

それだけラーメンを希望されるご利用者が多いのです。

作って運ぶ職員さん達はおおわらわ。

 

へい、おまち!

待ってました!と、すする麺のおいしさよ。そこかしこに夢中で食べるご利用者の姿がみられました。

今回希望が多いのは1位しょうゆ、2位僅差でみそ!しおは今回あまり人気が無かった模様。・・・おいしいのに。次はぜひとも試してみてくださいね。

 

次回「あけはま荘」は2月13日頃の予定です。


カテゴリー: あけはま荘
新年会 2018年2月6日

1月22日~26日の1週間

游の里新年会が催されました。

 

 

 

★月曜日

大洲よりお越しいただきました

エンゼルの皆さんによる

大正琴、安来節、カラオケは

昨年同様素晴らしい演出でした♪

 

 

 

 

★火曜日

明間保育所の年中さん4人による

可愛いダンスと歌。

少し照れくさそうにしながらも

可愛い踊りにとても癒されました。

そして、職員Bチームによる二人羽織。

お化粧&3分クッキングで作ったホットドックを食す!

というおもしろコーナーとなり

会場は大爆笑でした(^O^)

 

 

★水曜日

利用者様にもお願いして

自慢の歌声を聴かせていただきました。

日頃からカラオケ教室に通っているだけあり

とても素晴らしい、堂々とした歌いっぷりに感動しました

そして、職員Aチームによるダンスやカラオケ、安来節。

この日も、終始大盛況!

 

 

★木曜日

下宇和保育所の園児さんたちによる

歌とソーラン節の披露。

かっこいい衣装でのソーラン節は、最高でした!

そしてこの日も、前日に続いて職員Aチーム。

前日とは違った歌や仮装(女装?男装?)で

またまた大盛り上がり!

所長の自慢の歌声も聞けて

利用者さまも、大変喜んでおられました(^^♪)

 

 

 

★金曜日

新年会最終日。

利用者様に、カラオケを披露していただきました。

大好きなカラオケができて楽しかった~

と、大変喜んでおられました。

そして最後に、職員Bチームによる

モノマネあり、演芸あり、お笑いネタありの

盛りだくさんな内容に、終始大爆笑の渦!

笑い声の絶えない一日となりました。

 

一週間を通して大笑いし

少しでも元気なパワーを

利用者の皆さまに提供できたかな?(^○^)

 

今年一年、このパワーで皆さんと一緒に

元気に過ごしたいと思います(^o^)丿


前回、今回と、2か月分ずつでまとまっています。昔の某まんがまつりなどといった映画興行は何本もの映画の集まりだったので、すごく長かったイメージがあったのですが、合計時間はおおよそ3時間位だったようです。当職員会は1回に付き1時間~1時間半なので、二つを一纏めにすると大体同じくらいなのかな、と思ってみたり(笑)

 

遅ればせながら9月と10月の職員会の様子です。

 

9月・長月・September

9月はリスクマネジメント研修です。副施設長渾身のプレゼンでした。

年度途中ではありますが、単純倍数で比較すると、昨年に対し転倒は減っているが、内出血や皮膚剥離は増加傾向にあるそうです。

移乗時のトラブルが想定されていますが、介護技術向上に向けたOJTなど頑張っていきましょう。

現状報告の後はリスクマネジメントのためのケア質向上のプロセスが説明されました。

途中、非常に難しい話もありましたが、

リスクとは軽い気持ちで行った些細なことを含める全ての事であり、それらが重大な事故・事件や訴訟に繋がるということです。

 

大切なのは前向きな気持ちです。

リスクの無い良い施設にしましょう、と締めくくりました。

対して施設長から、良い施設になるには報連相が上手くいかなければならないと追補されました。

 

その後は施設長からのお話があり、9月の職員会は終わりました。

 

 

10月・神無月(神有月)・October

 

10月には院内(荘内)感染予防に関して西予市民病院から外部講師をお呼びしての講演会が開かれました。

スタンダードプリコーション(standard precautions)標準予防策―――

全ての対象者(患者・入所者)の「血液・体液・分泌物・嘔吐物・排泄物・創傷皮膚・粘膜など」は感染する危険性があるものとして取り扱わなければならず、実践者は対象と接触する機会のあるスタッフ全員である、というものです。

基本は“一処置、一手洗い”となります。

 

感染経路には空気感染や飛沫感染、接触感染、経口感染などがありますが、接触感染においては直接のみならず、間接接触にも注意を払わなければなりません。病院などでも患者の周囲の物品に触れた後の手洗いを忘れがちになるとのことなので注意です。

感染症は1度かかると保菌者になると思ったほうがいいようです。

 

また、吸引やオムツ交換の病院での手順説明などがあり、吸引では上から順に口が最期(気管切開の場合、切開部が最優先)になります。口腔内は無数の菌があるので最期なのです。

オムツ交換では清潔斑と不潔斑の二人体制で、ティッシュを取るのは清潔側となります。また、感染症の方は最期になります。さらに便の場合、終了後には、15秒以上流水と石鹸で手洗いとなります。

最期に施設への要望として、

・感染症や感染経路を正しく理解し、正しく怖がる。「過剰に怖がる事による恐怖の伝播は危険」とのこと。

・肺炎予防のために口腔ケアを。

・限られた資源を有効に使うこと。譲ってはいけない部分は譲らない。

・来院時のマスク着用を徹底してください。着用しない場合面会をお断りします。

との注意がありました。

西予市民病院のスタッフの皆様ありがとうございました。

 

(11月・霜月・Novemberはお休みでした。内容は次回に持ち越しです。)

(12月・師走・Decemberは例年通りありません)


カテゴリー: あけはま荘
福笑い 2018年1月24日

福笑いをしました。

 

 

 

 

 

 

 

出来上がりを見て、大笑い。

 

上手にできてると私は思うのですが・・・

  

 

今年も笑顔で過ごせますように~

 


2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.