地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

寿司老 2017年12月12日

11月21日(火曜日)、新館の昼食は握り寿司バイキング。青い暖簾で皆様おなじみの「あけはま寿司」です。

メニューは、「えび」「サーモン」「たまご」「ハマチ」「マグロ」「アナゴ」の6品!

皆さん、メニューを見て笑顔になられるも「どれにしようかな?」と困り顔…。そこで、「全部、頼みますか?」と言葉を掛けると、にんまり笑顔。

厨房職員が握るのをジッと眺め、自分の注文した握り寿司が来るのを心待ちにされていました♡

  

 「おいしい、おいしい♡」当然、お代わりをされる方もおられます。嬉しそうに注文されるのはいいのですが、1度で終わるはずも無く、2度、3度と…え、えーっと、大丈夫?(^_^;)

昼食も終わり、満たされた表情が広がっていきます。少しすると、ウトウトとされる方も。お腹いっぱい食べたら眠たくもなりますよね(‐ ‐)ZZZ

 

ところで話は変わりますが、あけはま荘広報誌「はまかぜ」27号(平成29年12月)ができました。

ご家族の皆様や関係者方には12月8日頃から順次発送、配達されています。

 

また、明浜の4つの公民館(狩江公民館、高山公民館、俵津公民館、田之浜公民館)および医療関係施設(狩江診療所、高山歯科、たんぽぽ俵津診療所、あじき医院)、学校関係にも順次配布されていきますので、ご近所の方はぜひご覧下さい。

 

もちろん、あけはま荘でも少数ではありますが配布しています。ウェルカムボードの裏に掛けてあるカゴに入っています。

 

さらに、紙媒体でなくても良い方は以下にPDF形式のファイルがありますので、そちらでもどうぞ。

 

A3用紙にカラー短辺閉じ両面で印刷し、1ページ目真ん中を山折にすれば配布されているものと同等になります。ただし、両面カラー印刷はインクジェットでは紙がふやけるおそれがありますので要注意です。

はまかぜ27号はこちらです。


カテゴリー: あけはま荘

タイトルは洒落ですが、その意味はちょっと格好良くなります。

immortal-imotaki(不滅の芋炊き)

 

 

12月に入り、もはや季節は冬ですが、少し戻って秋口の話です。

 

食のイベントが何かと充実しているあけはま荘ですが、今回のユニット食は“芋炊き”です。

芋炊きといえば愛媛の郷土料理です。発端は大洲だそうです。そこからは近いといえば近いココ(車で1時間位はかかりますが)でも、秋といえば芋炊きのようで、皆、楽しみにしています。

もっとも、川原で月を見ながらとはさすがにいかず、今回はユニットで鍋を囲みましょう。

材料切りは私たちにおまかせ!いつもの面々が  頑張ってくれます。

次は団子を丸めるぞぉ~~ まぁるい(球形)ものから、まぁるい(扁平)ものまで、人によって個性が出ます。

高まれ集中力!!・・・周りで話す声も聞こえないようです。

味付けをして、味見をしましょう。・・・ちょっと甘いかな?との評価を得て、

完成しました!

さぁさみんなで、いただきます。

 

「あけはま荘」次回は12月12日頃を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー: あけはま荘

これより披露される衣装は最新のモードファッションではありません。しかし。洗練された純和風の衣装には伝統に彩られた独特の趣があります。艶やかな衣装を身に纏ったあけはま荘とはまゆうの姫君たちによる華やかな美の競演をご観覧下さい。明浜レディースコレクション2017秋、開幕です―――

 

注!)以下には「着物」に関する解説等といったうんちくは一切語られません。ファッションショー「的」デザイン評がそれっぽく語られるだけです。一般的な?ファッションショーのパロディとしてお楽しみ下さい。

 

 

エントリーNo.1

茶色の濃淡で勇壮な雲の流れが描かれていますが、地模様が良い感じに全体を締めています。白色の帯の描かれた文様も大きくはあっても両端に位置している為主張し過ぎず、白色の主張をも抑えています。全体的に落ち着いた色調ですが、帯揚げや帯締めの柿色や赤色が抑え目になりすぎるのを防いでいますね。

 

 

 

 

 

エントリーNo.2

地の色は抑え目の深緑ですが、その上に描かれた模様は淡色なれど、流動する躍動感にあふれています。おちついた羽織で茶色の帯が見えづらいのは残念ですが、帯の色が押さえに働いています。また白の帯締めが色味を抑えすぎないようにしているのもポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNo.3

薄桃色の下地で、地模様の濃淡が煌びやかさを演出しています。紺色の帯とそこに描かれた模様は単色の着物に対し派手ですが、全体としてよいバランスになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNo.4 「はまゆう」からの参加です。

胡粉色の下地に様々な植物が描かれています。帯や、帯締め帯揚げの柄や色も相まって若々しさを演出しています。また、描かれている植物は四季折々の草花と言う事で、季節を限定しないものとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNo.5

帯も含め全身が金色です。一見派手になりそうなのですが、色の濃淡で描かれた模様が派手になるところを抑え、落ち着きを演出しているようです。

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNo.6

下地は艶やかな濃紺で、踊りをされていた方らしい派手な裾模様となっています。帯の縞模様も非常に目に付くものですが、半衿の桃色に花柄も濃紺に対して目を引くものとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

エントリーNo.7

最期は浴衣での参加となります。色身は浴衣らしい明るい青なのですが、帯の黒地に金の模様が、一見浴衣とは感じさせない落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 

 

 

 

 

 

 

さあ、総勢7名のモデルたちが勢揃いしました。これよりパレードが始まります。わかめユニットから始まり、しんじゅ、デイサービス、新館、ちりめんを通り、はまゆうに向かいます。

   

「わあ、綺麗ねえ」

行く先々で声を掛けられ、笑顔のアーチを進みます。

盛大な拍手の中、明浜レディースコレクション2017は終幕です。

 

最期に玄関で記念写真を撮りましょう。

 

「あけはま荘」次回は12月5日頃の予定です。


カテゴリー: あけはま荘

今年も法人内の職員が宇和体育館に集合し運動会が催されました。

まずは、冷えた身体をラジオ体操でほぐします。

さて、身体が温まってきたところで競技が始まりました。

今回は事業所対抗では無いチーム分けでしたので、まずはバースディチェーンで普段はお付き合いの無い方々との団結力アップを図りました。

その後、なにやら遠くでは各施設長対抗宝探しゲームが静かに始まっていました。

ここを勝ち抜くと2回戦、3回戦と続くのです。

我らがあけはま荘施設長は、なんと!

1回戦敗退でした。おつかれさまです。

 

続きましては「じゃまじゃま玉入れ」なる競技です。普通の玉入れと異なり、対抗チームの玉入れを仲間の1人が邪魔をするという少し難しい玉入れでした。

私達のチームは背の高い相談員によってしっかり相手チームを邪魔していただけたので、自分達はひたすら玉を入れ続けた結果、なんと1個を残して全部投入、勝っちゃいました。

いや~、皆大汗かいていましたよ。

・・・綱引きというものは何故あんなにも人を熱くさせるのでしょうか?綱を持つまでは少し冷めた気持ちでいましたが、ホイッスルが鳴った瞬間、一気にヒートアップ!応援にも熱が入りました。

運動会も後半に入り、全員参加のじゃんけん列車でさらに盛り上がりました。

普段なら言葉を交す事が無い他施設の職員さんとじゃんけんをして、それが段々大きな列車のような列になっていきます。なんて楽しい!

 

最期に西予に関する○×クイズがあり、Z-1グランプリの距離に見事に大量に引っかかる等して盛り上がり、全ての競技を終えました。

結果発表~!!見事、4チーム中、

4位、でした。

 

思い返してみれば、我がチームが勝ったのは玉入れだけでした。トホホ

しか~し、結果が全てじゃない。皆で力を合わせ頑張ったという事が大事なのです。決して負け惜しみじゃないですよ?

 

仕事で疲れ、寒さに震えながら集まってきた皆様、ありがとうございました。そして大変お疲れ様でした。

 

最期に、あけはま荘を代表して活躍された役員の方、貴方の頑張った姿を誰もが忘れる事は無いでしょう。本当にお疲れ様でした。

 

「あけはま荘」次回は11月28日頃を予定しています。

 


カテゴリー: あけはま荘
家族の肖像 2017年11月14日

あけはま荘ではご家族参加イベントがいくつか行われていますが、その中に“家族遠足”というものがあります。

 

10月7日。この日、朝は絶好の遠足日和・・・とはいかず、肌寒い曇り空でした。なんだか春の合同遠足を思い出します。あの日も当初は曇り空。しかし、あの時は後に晴れました。期待をしつつ出発です。ご家族には、あけはま荘から一緒に行かれる方と、現地で集合される方がいました。いずれもお忙しい中ご参加下さりありがとうございます。

 

行き先は松野町のおさかな館。ペンギンペンギン!真っ白なナマコも待っています。

さて、先ほど記しましたように一部ご家族は現地で集合です。

現地で再会して笑顔になるご利用者、表情は緩みっぱなしです。

で、着いた時間を見て、まずは昼食です。久しぶりの家族一緒の外食です。いつにもまして食欲はUpです。

お食事の後は“おさかな”です。おさかな館ですから。

・・・ですが、お魚に対しての反応はいまいち?昔からお魚に接して慣れてきたからですかね。中には水槽レイアウトを見て昔のお仕事を思い出されたご利用者も・・・。眼の付け所が違いますね(^^;)

この頃になると次第に暖かくなり、また晴れ間も見られるようになりました。まさしく春の再現です。ならばあの時と同じように外を散歩しましょう。おさかな館の前には広見川が流れていて、この川は下っていくと四万十川に合流する川なのですが、この周囲を散策してみませんか。せっかくなので記念写真を1枚。パチリ

そして、たくさんお話しましょう。時間の許す限り。

 

参加されたご家族とご利用者の皆様は終始楽しそうでした。家族っていいですよね。

またこのような機会が設けられればいいなと思う、そんな1日でした。

 

「あけはま荘」次回は11月21日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

さあ、よってらっしゃい、みてらっしゃい。これから行われるのは、皆さんご存知「花咲翁(はなさかのおきな)の伝説」だ。春に賑わう野福の光景がいかにして生み出されたか。・・・おや、花咲翁は知っていても野福とどう繋がるのかわからない?ならばぜひともお立会い!あなたもその伝説の証人になりましょう。

 

・・・この「物語パート」はフィクションです。

 

先日、西予市老施協合同演芸会が野村の乙亥会館で行われました。

今年は三楽園・松葉寮・皆楽園と我らがあけはま荘が演じる側です。準備万端!荷物運び2台を含む計5台の車という大所帯で出発です。

約1時間の道のり、お疲れ様でした。しかして本番はこれからですよ。

中に入ると、あけはま荘のテーブルは舞台を正面にして左後方に位置しています。

「きゃぁ♡」松葉寮に異動された職員さんと再会して興奮気味の方もいます。

さあ、いよいよ始まりです。まずは!

 

・・・お弁当ですね。食は大事です。

なかなか豪華なお弁当。「きな粉餅」か「おはぎ」のどちらが入っているかは運次第!

美味しい?「いつもの3倍くらいある~。」・・・ゆっくり食べてね。

 

さて出し物に入る前にカラオケ大会がありました。当然、あけはま荘の歌姫も参加しました。

で、出し物ですが、先に記した施設の順番で行われました。途中、野村保育所の子どもたちによる元気いっぱいの踊りでほっこりしつつ、私たちはトリを飾るべく舞台へと舞い降りるのでした。

 

掴みは「ポチ」!各施設テーブルの周りを駆け回り印象付けます。

そして始まる演劇。題名は「はなさかじいさん」・・・そう、花咲翁とは、はなさかじいさんのことだったのです。今更ですね(^_^;)。

 

ご利用者は、役にせよ、ナレーションにせよ、頑張ってくれました。

ただ、職員は右往左往・・・練習不足が露見してしまいました。

けれど花が咲くところは、それこそ満場の拍手で迎えられました。

(音はつけていませんが、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」の「キエフの大門」を当てはめるといいかもしれません(笑)某テレビ番組で有名なアレです。)

 

そうして咲いた満開の桜の場所が、今の野福峠の桜並木、ということにしちゃいまして、かくして新しい伝説が誕生したのです・・・伝説?

 

ともかくも、みなさん、お疲れ様でした。

 

「あけはま荘」次回は11月14日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

規模の大小ではなく、心意気で「大」!

・・・

この1年ははたして長かったのか短かったのか。さぁ!会場には万国旗が張り巡らされ、あけはま荘に大運動会が帰ってきた!今年は誰がMVP?
手に汗握る競技の数々をcheck it out!!

続々と参加者が詰め掛ける中、熱弁をふるう大運動会の司会といえば彼の独壇場!

 

施設長の挨拶と選手宣誓の後は、第一種目!そう、準備体操を兼ねた、おなじみの風船バレーだぁ!

今回は赤・青チームの間を3色の風船が入り乱れる大・乱・戦!!

普段あまり動かれないご利用者が、ココが私のステージよ!とばかりに積極性をはっきしているぞ。誰か主演女優にスポットライトを当ててくれ!

時間を計ってなかったのか永遠に続くかと思われた風船バレーもBGMの終わりと共に終了だ。そういえば準備運動だったのを忘れていたぜ!それだけ熱い戦いだったわけだが、みんなの体力は大丈夫かい?おっと聞くまでも無かったようだね。次の戦いに気持ちは向かっているようだ!

次は新種目!なんとジャンケンリレーだ!!

相手チームのジャンケンマスターに挑戦し、勝つまで自陣に帰る事を許されない!な、なんて過酷な競技なんだ!!だが、見よ!挑戦者たちの熱いまなざしを!負けることなぞこれっぽっちも考えないその心意気に敬礼!さぁ、その手の形こそが約束された勝利の鍵。今こそ、そのゴッドフィンガーで立ち向かえ!!

そして、なんと、この競技のアンカーはほぼ同着!司会者、判定は・・・・青!

嗚呼、なんてこった、このわずかの差が司会者には見えていたと言うのか!?

しかしまだ悲観する事はない!最期の競技が残っている!

その名は・・・玉入れ!!この競技、入れた玉の数がそのまま得点につながるのだ。ということは・・・逆転も夢ではない。さぁ、戦士たちよ、今一度立ち上がれ。勝利の凱歌は君たちのために!!

おお、謎の力が働いたか(笑)、1回戦終了時に両陣営の各合計得点は同・点!

次で決まる決勝戦!これは否が応にも盛り上がる最高の舞台だ!

最期は20秒、なんて短い、しかし、なんと長い時間だろう。

謎の力が働かないように厳重注意の上でのカウントだ!

そして、嗚呼、なんと言う事だろう!

大・逆・転!赤の勝利だぁぁぁ!!

戦いが終わると敵も味方もなく、互いに健闘を称えあい、MVPだけではなく各ユニットのみんなに賞品が渡され、今大会もその幕を下ろすことになりました。

では次回大会でお会いしましょう!See you next time!

 

「あけはま荘」次回は11月7日頃を予定しています。  


カテゴリー: あけはま荘

いつぞやの小学校出張授業に引き続き、今度は明浜中学校で出張授業を行いました。小学生と比べると、やっぱりお兄さんお姉さんですね。内容も上がった年齢に合わせたものになりました。

施設長挨拶から、スライド説明に入るのは変わらないのですが、統計資料を出したりして、ちょっぴりアカデミックに授業が進みます。・・・ですので今回は、小学生向け小芝居はありません。ただ、真面目に聞いている様子は小学生も中学生も変わらないようです。

座学の後は体験です。高齢者疑似体験、車椅子体験、移乗介助体験、エアーマット・電動ベッド体験の4グループを交代しながら回ります。

高齢者疑似体験では大人顔負けの体格な方や、普段から重錘をつけて身体を鍛えている方がいたりして、重錘が動作の制限にはなっていない方もいるようでしたが、視野狭窄や難聴体験はみなさん同じような反応で、床のケーブルに気が付きにくいことが実感できたようです。

車椅子の感想は「たーのしー」・・・フレンズなんだね!

電動ベッドは昨年の小学校授業でもあった内容ですが、今回、年齢が上がったことで取り入れられたのが、「移乗介助」でした。職員の話をしっかりと聞いて、実践です。年齢を鑑みるとご家庭に高齢の方がいらっしゃる場合も多いでしょうから、もしかしたら、この体験中、最も役に立つことが実感できたパートかも。まあ、さすがに感想は「難しい」でしたが。

中学生辺りから、職場体験もするようになり、そろそろ将来というものを考えるようになるのでしょうか。この業界に来られる方は大歓迎ですが、そうでなくても、今回学んだ事が心に残ってくれれば、この授業の甲斐もあろうというものです。

 

次回「あけはま荘」は10月31日頃更新予定です。


カテゴリー: あけはま荘

ご利用者に、楽しみを持った生活を送っていただきたいということで、7年程前にあけはま荘で行われていた荘内デイ「まりん」が、装いも新たにし、再スタートしました。

 

担当職員さんからコメントを頂きましたので下記に掲載します。

「10月から【まりん】(レク)担当となりました。スタートして2週間程度で、まだまだご利用者の顔と名前を一致させるのが大変です。午前は体操をメインとして全身を動かしたり、歌を唄ったりして頂き、午後は風船バレーやボーリング等のゲームを行っています。ゲームは飽きられないよう考えるのに苦戦していますが、ご利用者に「明日はするの?」「楽しかった」と声を掛けて頂くとやりがいを感じます。皆様の体調面に気を付けながら毎日取り組めたらと思っています。」

 

次回「あけはま荘」は10月24日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘
崩落 2017年10月10日

いまさら6月の出来事ですが、長雨が続く状況は秋にも見られます。

この雨は恵みの雨であると共に、とある危険性も孕んでいます。

9月に、ゆっくりと日本を縦断していった台風18号の記憶はまだ新しいかと思いますが、今年「も」台風の脅威には何度もさらされました。

自然災害というものは常に身近にあるようです。

日頃の確認の意味を込めまして、ここでこの記事を載せたいと思います。

あけはま荘は海と山に挟まれた場所にあります―――

いつぞやと同じ書き出しですが、海が猛威を振るう時、私達に“安全”をもたらすかもしれない山も、実のところ、いつ“脅威”をもたらす存在になってもおかしくはないのです。

 

それは“土砂災害”という暴力。

 

去る6月4日、土砂災害・全国統一防災訓練が行われ、あけはま荘も参加しました。

土砂災害警戒情報を受信した副施設長はすぐさま全館放送で避難指示を出します。一刻を争う、という“てい”なので、急いでご利用者を避難させます。本当にヤバイ地点に含まれる方は特に。

避難完了の後は施設長からの訓練の総評です。

「緊急時」が訪れる事が無いのが一番ですが、問題は認識外にある時ほど起きてしまうものなので、対応出来る様に「認識」しておきましょう。

 

次回「あけはま荘」は10月17日頃を予定しています。


カテゴリー: あけはま荘

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.