地域福祉法人 西予総合福祉会

ご入居・ご相談は西予総合福祉会事務局まで (0894)62-3773

西予総合福祉会の最新情報です

 先日、西予消防本部より消防活動協力事業所として「游の里デイサービスセンター」に感謝状を贈呈していただきました。

 これは、消防署より「近くで心肺停止状態となられた方がおられるため、救急車が駆け付けるまで、救命をしてほしい」と協力要請があり、職員2名が「游の里デイサービスセンター」に完備しております【AED】を手に現場へ急行し、救命措置を行なったことへの感謝状です。

 早期の救命措置により、この方も社会復帰されたようで、私どももひと安心。

 

 当法人では、毎年、消防署にご協力いただき、『心肺蘇生講習』を実施しています。

      

 この毎年の講習が今回『役立った』ということで、次年度以降も講習の実施を計画していきたいと思います。


去る10月25日(水)・30日(月)・11月10日(金)の3回に分けて、認定こども園(名称:『うわまち未来こども園』に決定いたしました!)保護者説明会を実施いたしました。

関心を持っていただきまして、約150名の保護者の皆さまにお集まりいただきまして、

1.認定こども園開園について

2.質疑応答

の内容で、会は進められました。

さまざまなご意見・ご質問を頂戴いたしましたので、「Q&A」で回答いたします。

 

下記の「うわまち未来こども園Q&A」をクリックしていただけますと、ご確認いただけます。

 ↓ ↓ ↓

うわまち未来こども園Q&A

 

説明会にお越しいただきました皆さま、ありがとうございました。

 


 先日、養護・障がい事業部の 「第2回合同研修会」におジャマしてきました

 今回の研修は事業部在籍期間の5~10年目 約20名を対象に「養護・障がい事業部に必要な人材を育てる。効果的な組織づくりやチームをまとめる手法を学び、中堅としての役割を見直す」を目的に開催されました

内容は、講師の統括主任が参加をした研修会で学んだことを活かして「マシュマロタワー」という「チームビルディング」を行いました

ルールは

1.5つのチーム対戦

2.準備された「マシュマロ」「乾燥パスタ20本」「セロテープ」を使用し、『より高い場所にマシュマロを築いたチームの勝利

3.頂上には、必ずマシュマロを配置

4.制限時間は7分

5.完成したタワーは自立してなければなりません。途中でタワーが倒れたら、その時点でアウト

途中、「チームビルディングとはどういうことなのか」「グループとチームの違い」などについて学び、チームで『過去の経験・情報・分析・新しいアイデア』等を再確認し、もう一度チャレンジまわりのチームに探りを入れながら

この「マシュマロタワー(マシュマロチャレンジ)」の世界記録は99㎝だそうです。

今回の最高記録は85㎝。実に惜しい結果となりました

今回の研修で、ただ「楽しい」だけでなく、その楽しさを通して、チーム内で「共通の目的・目標認識ができていたか」「役割分担はきちんとできているか」「コミュニケーションはとれていたか」など、体験を通して学びも多かったのではないでしょうか。

最後に講師からゲームの賞品として、皆さんに「ドーナツ」をご馳走になりました。仲のいい職員さんは満面の笑みを浮かべ、美味しそうに食べられていました。

みて下さい、この表情を

ちなみに、私もをいただきました。ありがとうございました

この研修の10日ほど後に、事業部研修で

1.サポーター業務の現状報告 

2.サポーター業務の進展具合確認

3.困りごとやフォローやアドバイス

以上3つの内容で、「第2回目のサポーター業務報告会」も実施されています

 

みなさん、お疲れさまでした


 10/10・11・16日の3日間に分かれ、今年も能力開発システム研究所 代表取締役 木曽千草先生をお迎えし、各事業所の(統括)主任、リーダー、OJTリーダー・推進者を対象に『人材育成担当者研修会』を開催しました

         

 研修会初日である10/10に受講した職員の中には、今年度新たに事業所における人材育成担当者となった職員を対象に「OJTの基本理解:施設における人材育成に対するあり方・考え方を再確認する」を目的とした研修会も併せて実施をいたしました

 研修の中で「人材育成のためのバランス感覚」「OJTのアウトライン」「『褒める』ことの大切さ」や「ラーニング・ピラミッド」等について、学びました

【各職場におけるOJTの取組事例】を発表し合い…共有しました

                           

 午後からは、3日間共通で「主任やリーダーとして必要な要素を学び『タワービルディング』というシュミレーションゲームで学びを実践していきました

         

 

 

         

 

 

 ほんの一部のご紹介にはなりますが、受講後のアンケートの中には、

ゲームを通じて、指示の仕方やコミュニケーションの取り方、環境整備など、実際の業務の中で重要なポイントが分かりやすく理解する事が出来ました

自分の頭の中で考えていること(できると思っていること)と、実際の実践は違うということを身をもって実感することができたこと

リーダーシップの取り方やコミュニケーションの取り方によって、部下が行動しやすいかが良く分かった。リーダーの考えや情報の共有を図る事で仕事の効率も違う事が良く分かり、勉強になりました

ゲームを通して、リーダーとしての伝達方法の難しさがよく分かった

などの声をいただきました         

 また、木曽先生が講師をしていただく研修会は毎年大好評で、  「また、木曽先生を講師に迎えての研修を受けてみたいです」 というご意見もいただきました

木曽先生には、来月開催の『中堅職員研修会』にも講師として、お迎えする予定です

 シュミレーションゲームを通して、日々の関わりを見つめ直し、他者の手法を見ることで「こういうやり方もあるのか」と発見もあったり…実り多い時間だったようです毎回、グル―プのメンバーも変わるため、今回も新たな出会いがあったようですよ

 

木曽先生、3日間ありがとうございました

みなさん、お疲れさまでした

 

 


下記の「申込書」をクリックしていただきますと、申込書が取得できます。

 ↓ ↓ ↓

申込書

お申込み締め切りは、平成29年10月20日(金)です。


先日(9月30日)、児童事業部リーダー主催の「第2回 新人・新任職員研修会」におジャマしてきました

今年も講義等のアドバイザーとして、八幡浜市を拠点に活動されているカウンセリングルーム  ラ・クール代表 清水展子先生をお迎えし、「楽しく体験しながら、資質の向上を図る」をテーマに入職1年・2年目の職員を対象に開催されました

最初のプログラムは「SGE」

※SGE…構成的グループ・エンカウンター。エンカウンターは、「出会い」という意味。出会いとは、縁を大事にした「触れあい」のこと。ホンネとホンネの交流をするという意味でも使われます。

最初は、緊張されていた表情も「ふれあう」ごとに、笑顔が多く見られ、あちらこちらから笑い声も聞かれるようになりました皆さん、楽しそうですねぇ~

続いては、講義「子どもの欲求と発達課題」が行われました先輩職員(園長・OJTリーダー)もグループに加わり、各自持参した保育指針を活用して『保育園の役割で大事なこと』など、グループ討議、そして全体でのシェアリングを取り入れながら、確認し合いました

次は「家族画作成体験」です。各自が持参した色紙の中から、家族の色を選びます。選んだ色紙を自分の好きな形に切って、コピー用紙(A4)に貼り付けていきます。どうやら…色・形・大きさ・貼る場所によって、「~かもしれない」ではありますが、いろんなことが感じとれるそうですそのため、写真の色はこのようにさせていただきました

最後は、「絵本の読み聞かせ」です。先生に読んでいただいたのは、『おじさんと石』。この絵本は、石を心から愛するおじさんとおじさんに認められたいと心から願う石の物語です。

皆さん、童心に返って…食い入るように…真剣な表情で絵本を見て、聴かれていました。

あっという間に時間が過ぎ、本日の研修を終了しました

研修会が終了した後も、所属する保育園枠を越えて、仲間同士で談笑されている姿に…私自身、とても嬉しい気持ちになりました同期同士のつながりは大事にしてほしいなと思う今日この頃です

清水先生、ありがとうございました

皆さん、お疲れさまでした


今年度も3月末に実施した「新人・新任職員研修会~in国立大洲青少年交流の家~」に参加された職員を対象に、約半年後の9/5(火)「新人・新任職員フォローアップ研修会」を開催しました残念ながら、業務の関係で、お一人だけ参加出来なかったのですが、他の皆さんは緊張した面持ちの中、同期の職員との再会に笑顔が見えます

まず初めに、清家理事長より「新任職員に期待すること」と題しまして、お話がありました

お話の中で、法人の事業展開、職員状況(年齢・在職年数・等級分布、離職率)について、説明がありました

この10年で急激に事業を拡大したこともあり、10年未満の職員が大多数を占めていること

離職率については、法人の過去4年間の離職率(正職員)の推移が挙げられ、厚生労働省が発表されている平成27年度の産業全体の離職率15.0%、医療・福祉14.7%、介護職16.8%、保育士10.3%と比較

当法人全体での平成27年度の離職率(正職員)は5.1%。残念ながら、昨年度は6.6%と離職率が上昇したこともあり、今年度、法人の目標として「5%以下」を掲げ、それに向けて定着率を高めていこうと取り組んでいること etc.

最後に「ひとりで抱え込まないで、相談してほしい」と、皆さんに伝えられました

清家理事長のあとは…以下の3つの内容で講義が行われました

  

講師の先生方からは

今の人生を大切にする

あいさつは大事!あいさつができないのは、相手に心を開いていないということ!

人の言うことを素直に「ハイ」と聞けているか

相手を変えるより自分が変わろうとする。そうすると、相手も変わる

「ほうれんそう」…今は、相談できない人が多い。仲間・家族…誰でもいい、必ず相談をしてほしい。距離のおける相談できる人をつくるのが、よりいい!

ストレスを溜めない。溜まる前に、出すこと!

気・目・心配りのできる職員になってほしい

一緒に働く仲間同士、情報共有・コミュニケーションを大事にしてほしい

危険を予知し、未然に防ぐためには…気づいたことを行動にうつせるかどうか!

などのお言葉をいただきました(ほんの一部のご紹介です)

午後からの時間は「ワールドカフェ」です。お菓子を囲んで「働いてみて感じたこと」「職場を良くするために、自分が取り組んでみたいこと」の2つのテーマで対話をしていただきました

  

貴重な意見もたくさんあり、新人・新任職員の皆さんが感じている『生の声』は、先日の施設長会にてお届けしました

最後は、「あなたは1年後、どんな職員になっていたいですか」というテーマでスピーチをしていただきました自主的に挙手をされて、発表をされる職員が多かったです

     

スピーチでは…

『気配り・心配りのできる職員になりたい』『利用者の心に寄り添う職員になりたい』『信頼され、コミュニケーションの取れる職員になりたい』『周りを見て動ける職員になりたい』『コミュニケーションを大切にし、相手の気持ちのわかる職員になりたい』などの力強い言葉が聞かれました

最後に実施したアンケートには、

改めて、同期の方と話をすることで、新しいつながりや発見が出来ました。また、情報の共有等をしていくうちにストレス発散することができ、楽しく有意義な時間を過ごすことができました

半年働き、1年の目標設定をすることで、これからも頑張っていこうと思いました

初心を思い出し、またこれから頑張ろうと思えた。ワールドカフェでは、職場の良い所悪い所を打ち明けることができて、普段言えなかったことを言えた

などのご意見をいただきました

フォローアップ研修会にご参加いただきました

新人・新任職員さん、講師の皆さん、スタッフの皆さん、

お疲れさまでした


平成30年春、オープンを目指して、旧宇和病院跡地に『地域密着型特別養護老人ホーム(定員 特養 29名、短期入所 10名)』『認定こども園(定員 190名)』の2施設を新設することとなりました。

平成29年8月21日(月)関係者の皆様をお迎えし、厳かな雰囲気の中、起工式を行いました。

                     

           

           

           

           

これから完成までの数ヶ月、事故もなく、無事工事が終わりますことを祈願いたしまして、起工式を終えました。

ご多忙の中、ご臨席賜りました関係者の皆様、起工式を迎えるにあたり、ご尽力いただきました関係者の皆様、本当にありがとうございました。

春には、子どもたちの元気な声と笑い声が響き渡るとともに、その姿を温かく見守るお年寄りの皆さんの笑顔が浮かびます。

最後に、地域住民の皆様には長期間工事車両の往来、騒音等でご迷惑をおかけすることと存じます。何卒ご理解・ご協力賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

完成予想図(左側:認定こども園、右側:地域密着型特別養護老人ホーム)


この指と~まれ!! 2017年8月15日

いよいよ、8月21日から『後期職員採用試験(試験日:9月24日(日)』の受付が始まります!!

事業拡大、更なるサービス提供の充実を図るために、多くの職員を募集しております。『我こそは!!』と思われる方、ぜひ私たちと一緒に働きませんか!?

皆さまからのご応募、お待ちしております!! 

※詳細は、西予総合福祉会HP「求人情報」でご覧ください!!


7月27日(木)、児童事業部OJTリーダー主催の「新人・新任職員研修会」におジャマしてきました

今回の研修は「保育の仕事に就いて2年未満の保育士が交流を図ったり、共感したりすることで、仕事への理解を深めるとともに、楽しさや生きがいを感じて、日々の現場で仕事にあたれること」を目的に開催されました

前半は、講師に小笠原佳代先生をお迎えし、「運動遊び」の実技指導をしていただきました

会場内には笑い声                                            あちこちで笑顔の花が咲き、思いっきり体を動かし、いい汗をかいたのではないでしょうか    

皆さん、いい表情されてましたね~

後半は4グループに分かれ、日頃の保育の悩みを4名のアドバイザー(先輩職員:中堅保育士)にアドバイスをいただいたり、互いに情報を共有し合いました

写真を多く掲載しましたが、いかがでしたでしょうか

今年度も児童事業部では、3回の研修会を予定されているようです

学びはもちろんのこと、同期同士の横のつながりをより深めていただき、楽しいとき、嬉しいとき、つらいとき、しんどいとき…に寄り添えあえる存在になってほしいなぁと思います

もちろん、私たち先輩職員もそんな存在になれるように、皆さんとの距離を縮めていきたいと思います

小笠原先生、ありがとうございました

皆さん、お疲れさまでした

 


2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Copyright © 2011 社会福祉法人 西予総合福祉会 Rights reserved.