お知らせ

2013年03月28日

老人事業部

特別養護老人ホーム皆楽園

おいしいものを食べて春を探しに・・・

3月19日 利用者様4名、職員4名で春を探しにでかけました。
大洲の河川敷でステキな 春 をみつけました。菜の花が一面に広がっています。

ここの菜の花は「大洲農業高校」の生徒さんが植えられているそうです。この日も翌日に行われる催しの準備に、大勢の生徒さんがいらしていてとてもにぎやかでした。私達にも元気な声で「こんにちわ!!」と声をかけていただきました。(^^)

このあとは アクトピアおおず へごちそうを食べにいきました。
何を食べたかというと・・・

○○様は エビフライとカツのセット。ご飯も大盛りです・・・
○○様は チャンポンといなりが3個
     「いなりが小さかったなあ」 と一言
○○様は お酒もたしなまれました

食事の量でいくと職員が負けました。帰りの車でも話がはずみ楽しく帰途につきました。

<こども朝日文楽観劇>

3月20日皆楽園デイサービスに「こども朝日文楽」が来ていただきました。題目は「傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段」といい
話の内容は娘おつるが親をさがして巡礼の旅にでかけその道中にいろいろなことが悲しい場面に遭遇するといった悲しいお話です。

 デイサービスの利用者様、特養の利用者様、学校の先生、ご父兄の方々大勢の皆さまと一緒に観劇させていただきました。
こどもさんの張りのある透き通った声、感情がこもっていてみなさん感動されていました 。  

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る